所有地への太陽光発電システム設置について

↓一括見積もりで信頼できる業者を選ぼう↓ タイナビ専用LP

Fotolia_54329196_Subscription_Monthly_XXL_R産業用太陽光発電システムとなるとそれなりに広い面積が必要なので、土地を持っている方が対象となるでしょう。

それで土地を持っている、もしくは新しく土地を買って所有する場合、それぞれポイントが異なってくるので別々に紹介していきます。

 

すでに土地を持っている場合について

すでに広い土地を持っているのであれば、産業用太陽光発電システム設置が非常に楽に進みます。

その土地が遊休地であるならば、太陽光発電システムを設置したほうが利益が上がるので設置したほうがいいでしょう。

ただ持っているだけでも固定資産税という形で、お金がどんどん奪われてしまいますからね。

それならば、有効活用したほうが得というものでしょう。

ここでポイントなのが、太陽光発電システムは遊休地でなくても設置することができるのです。

 

例えば、工場を持っているという場合。

工場の敷地内で空いているスペースに設置するのではなく、工場の屋根に設置するのです。

工場の屋根なんて使うわけがないので、それだったら太陽光発電システムを設置して売電収入を得た方が得だと思いませんか?

 

太陽光発電の設置となると、わざわざ空地を購入して設置する方がいますが、工場や不動産などを所有しているのであれば、その屋根に設置するというのも一つの手です。

特に利用していないのであれば、そのスペースを有効に使っていきましょう。

 

新しく土地を購入する場合について

すでに土地を持っているのであれば、そのスペースを有効活用するのがベストなのですが、新しく土地を購入して太陽光発電を設置するという方法もあります。

その場合には立地条件が非常に重要です。

というのも、先ほどまではあくまで有効活用なので、利益を最大限求める必要はありません。

新しく土地を購入する場合は、あくまで太陽光発電システムのための土地です。

 

その土地探しのための労力が必要なわけですから、最大限の利益を求めたくありませんか?

新しく土地を買うとなると、すでにある土地の有効活用よりも大変ですからね。

なので、最大限利益が出るような土地を選ぶようにしましょう。

>>太陽光発電システムの設置に向いている土地と向いていない土地について

 

土地を購入する場合は、固定価格買い取り制度が終わった後の土地の利用についても考えておいた方がいいでしょう。

将来、売電価格がいくらになるのかは不明なので、そのまま売電してもあまり利益が出ないことも想定しておくべきでしょう。

まあ、20年後の話になるので、なかなか想定しにくいですけどね。

設置した後でもいいので、考えておくようにしましょう。

 

まとめ

太陽光発電システムには固定価格買い取り制度があるので、それがある期間は非常に高い確率で利益が出ます。

これは一度業者さんに見積もりをしてもらい、シュミレーションをしてもらえれば具体的な数字が分かります。

なので、すでに土地を持っている場合にはとりあえず見積もりをしてみると具体的な利益額が分かります。

また、新たに購入する場合でも、土地の目星を付けた段階で業者に相談したほうが失敗が少ないですよ。・

 

安心して任せられる業者に見積もりの相談したくありませんか?

太陽光発電を導入することで、多くの利益を得ることができますが、非常に高い買い物ですよね?

そんなときに万が一悪徳業者に引っかかってしまったら…

単純に損をするだけでなく、大事な家を傷つけることにもなりかねません。

そこで太陽光発電を導入するならば、まずは信頼できる業者に見積もりの相談をするところから始めましょう。

そこでじっくりと業者と話し合い、導入を検討するのが、最も安全で失敗しない方法ですよ。

>>信頼できる業者を探すなら、この一括見積もりサイトがおすすめ

 

コメントを残す

このページの先頭へ