太陽光発電システムの台風・雹の対策と補償について

↓一括見積もりで信頼できる業者を選ぼう↓ タイナビ専用LP

台風に対する対策

台風がきたときには、雨もすごいですが、ものすごい風が吹きますよね。

その風によって太陽光電池モジュールが吹き飛ばされるのではと考える人も少なくありません。

しかし、安心してください。

そういった強風に対してもきちんと耐えられるような設計することになっています。

 

具体的な数字を上げると、15mの高さで風速60mの風圧に耐えられるように設計されています。

台風の場合、非常に強いの段階で風速44m~54mとなっています。

猛烈な台風の場合は54m以上となっていますが、これほどの台風が来ることはあまりありませんね。

 

なので、台風で太陽光電池モジュールが吹き飛ぶことはほとんどないでしょう。

強風にも耐えられるような設計になっていますが、強風が吹くことで風による「押し付け」や「引きはがし」が起こり家に負担がかかります。

この負担は継続的にかかるもので家の劣化を早めます。

 

そこで押し付けや引きはがしの負担を考慮したうえで設計するようになっています。

なので、建物の強度によっては補強工事が必要な場合があります。

 

雹に対する対策

雹はあまり降ることはありませんが、万が一降ってきた場合に心配ですよね。

あられ程度の大きさならばそれほど心配にはならないと思いますが、雹となると結構大きいので心配になりますよ。

 

空から降ってくるものへの対策はどうなっているのかといいますと、モジュールの表面のガラスをJIS規格にもとづき約3mm以上の厚さの強化ガラスを使用するようになっています。

この強度は1mの高さから直径38mmで227gの硬球を落下させても耐えられることが求められています。

なので、雹やあられなどの落下物でモジュールが壊れることはないでしょう。

 

台風・雹に対する補償について

台風・雹にはきちんと対策がなされていますが、それでも予想以上の台風がきたり、大きな雹が降ってくる可能性があります。

そういった規格外のものに対しては、対策がしてあっても壊れる可能性が高いです。

東日本大震災の時も、津波が予想以上に高くて大きな被害をもたらしましたよね。

予想外のことが起こらないとも限らないので、モジュールが壊れることを心配してもおかしくありません。

 

自然災害に対して心配な場合は自然災害補償が付いているメーカーを選びましょう。

個人的な意見としては、壊れてしまっては設置費用の回収は不可能になってしまうので、万が一のことを考えると入っておいて損はないと思います。

安心して任せられる業者に見積もりの相談したくありませんか?

太陽光発電を導入することで、多くの利益を得ることができますが、非常に高い買い物ですよね?

そんなときに万が一悪徳業者に引っかかってしまったら…

単純に損をするだけでなく、大事な家を傷つけることにもなりかねません。

そこで太陽光発電を導入するならば、まずは信頼できる業者に見積もりの相談をするところから始めましょう。

そこでじっくりと業者と話し合い、導入を検討するのが、最も安全で失敗しない方法ですよ。

>>信頼できる業者を探すなら、この一括見積もりサイトがおすすめ

 

コメントを残す

このページの先頭へ