太陽光発電の火災や盗難・物体の落下などの人工災害への対策について

↓一括見積もりで信頼できる業者を選ぼう↓ タイナビ専用LP

0-01災害というと自然災害をイメージする方が多いですが、人工的な災害も実は多いです。

例えば、火災・破裂・爆発・盗難・物体の衝撃、落下、飛来は人工災害に分類されますね。

 

自然災害となると、人には逆らうことができない力なのでしょうがないと諦められますが、人工災害は意図的に起こしたものや不注意で起きることがあります。

人工災害は防ごうと思えば防げるだけにもしも太陽光発電が壊れたら悔やみきれないですよね。

 

一応太陽光発電システムの方でも対策しています。

火災対策として建築基準法を順守できるように火に対して耐性を持っています。

耐性があるから絶対に大丈夫かというとそういうわけではありませんが、そこまで過剰に心配することではないでしょう。

家が燃えるときには、太陽光発電システムも一緒に燃えるというよりか使い物にならないと思うので、それは太陽光発電システムの耐性うんぬんかんぬん言ってもしょうがないですよね。

 

物体の衝撃、落下、飛来についての耐性としては太陽光電池モジュール表面のガラスを3mm以上の強化ガラスを用いることで対策しています。

これはJIS規格にもとづいて作られており227gの直径38mmの硬球を1mの高さから落としても問題ないような耐性になっています

 

これは雹が降ってきても大丈夫な耐性なので、日常生活で屋根にものが当たっても大丈夫でしょう。

例えば、近所の子供が野球をやっていてそのボールが当たった程度では壊れないということです。

 >>太陽光発電システムの雹への対策とは

 

こんな風にそれなりの耐性があるので、火災や物体の衝撃等についてはそれほど心配する必要がありません。

ただ一つ心配になるのが盗難です。

これは住宅用ではめったに起きないことです。

住宅用で起きるとなったら、泥棒が屋根の上にのぼらないといけないですが、そんなことをする泥棒はいないでしょう。

そんなことをするくらいなら、家の中身漁った方が楽に良いものが見つかると思いますし。

なので、住宅用の場合は盗難について心配する必要ないのです。

 

しかし、産業用の場合は異なります。

というのも、産業用の場合は空き地に設置すると人が簡単に入ってこれます。

多少の柵をかけても普通に乗り越えられますし、柵にお金をかけても初期投資費用が大きくなります。

なので、結構シビアな問題だったりするのです。

 

一応対策としては、架台の高さを高めにすることで人の手が届きにくくするということができます。

それでもガチの盗難団が夜に侵入して解体していったら取られてしまいます。

そんな心配がある場合には、保険に入っておくといいですね。

災害補償の一つとして、盗難や火災なども含まれているものがあります。

そういったメーカーを選ぶことで万が一、人的災害が起きたとしても、修理・交換をしてもらうことができるので安心ですよ。

 

安心して任せられる業者に見積もりの相談したくありませんか?

太陽光発電を導入することで、多くの利益を得ることができますが、非常に高い買い物ですよね?

そんなときに万が一悪徳業者に引っかかってしまったら…

単純に損をするだけでなく、大事な家を傷つけることにもなりかねません。

そこで太陽光発電を導入するならば、まずは信頼できる業者に見積もりの相談をするところから始めましょう。

そこでじっくりと業者と話し合い、導入を検討するのが、最も安全で失敗しない方法ですよ。

>>信頼できる業者を探すなら、この一括見積もりサイトがおすすめ

 

コメントを残す

このページの先頭へ