太陽光発電で儲けるための3つの秘訣とは?どのメーカーが良い?

発電量が多ければなるほど売電収入が多くなります!

太陽光発電における収入は以下のように計算されます。

「売電収入=売電量×売電価格」

売電量とはほぼ発電量と同じです。

※太陽光発電システムの規模が10kW未満の場合は余剰電力しか売れないです。
余剰電力の場合でも発電量が多くなれば、余る量が増えるので売電収入額が大きくなります。

つまり、売電収入は発電量を増やすことができれば増えていくという事になるのです。

なので、大事なのは高い発電量の太陽光発電システムを設置することです。

 

それで高い発電量が特徴の太陽光発電システムは何があるのかと言いますと

  • 実発電量が多いCIS太陽光電池(ソーラーフロンティア)
    面積当たりの発電量が多いHIT太陽光電池(パナソニック)

の2種類があります。

CIS太陽光電池(ソーラーフロンティア)の特徴はローコスト・ローリターン

実発電量とは、メーカーが発表している太陽光パネルの出力値ではなく、実際に太陽に当てた場合の発電量のことを指します。

メーカーの数値と言うのは、理論値に近いものがあります。

実際に発電をしてみると数値よりも少ないという事は良くある事です。

しかし、ソーラーフロンティアのCIS太陽光電池には光照射効果と言って太陽光を当てることで最大出力値が上がっていく特性があるのです。

なので、理論値よりも多く発電するのです。

しかし、欠点もあってそれは発電効率が低いという事です。

発電効率が低いので、設置する場所が限られていると総発電量が少なくなります。

では、なぜ総発電量が減るのにおすすめしているのかと言いますと、値段が安いのでコストパフォーマンスが良いからですね。

>>実発電量が高いCIS太陽光電池について詳しくはこちら

HIT太陽光電池(パナソニック)の特徴はハイコスト・ハイリターン

HIT太陽光電池はより多くの波長で発電することができるので、発電効率が高いです。

発電効率が高いので、設置した時の発電量も多くなりますね。

太陽光発電システムを設置するときには、多くの場合で設置面積が限られています。

そういった中でも最大のパフォーマンスを発揮してくれるのがHIT太陽光電池と言うわけです。

HIT太陽光電池は高性能な分少し値段が高いですが、十分に売電収入で回収することができるでしょう。

>>HIT太陽光電池について詳しくはこちら

 

儲けるという観点から見るのであれば、CIS太陽光電池(ソーラーフロンティア)かHIT太陽光電池(パナソニック)を選ぶのがいいでしょう。

あなたの家や土地でどれくらい発電するのかと言うのは、業者に見積もりを出してもらった時にシミュレーションをやってもらえれば分かります。

 

保証で気を付けるポイントとは?メーカーごとの比較

  • 各メーカーの保証比較表
メーカー名 モジュールの出力保証期間 周辺機器の保証期間
パナソニック 20年 10年
ソーラーフロンティア 20年 10年
シャープ 10年 10年
京セラ 10年 10年
東芝 10年 10年
三菱電機 20年 10年
長州産業 20年 10年
フジプレアム 15年 10年
サンテックパワー 25年 10年
Qセルズ 25年 10年

 

CIS太陽光電池(ソーラーフロンティア)かHIT太陽光電池(パナソニック)の両方とも同じ保証なので、保証では差が付きませんね。

また、そのほかのメーカーと比べても保証はなかなか良い方に入ります。

 

保証にはメーカー保証以外にも設置業者の保証があります。

例えば、雨漏りした場合の補償や定期メンテナンスなどが業者の保証ですね。

これはあなたが依頼する業者によって違ってきます。

見積もりを依頼した時に、業者ごとの保証の違いを把握するといいでしょう。

 

業者選びで失敗したら損をする可能性大!

太陽光発電システムはオーダーメイドで作られるものなので、あなたの家に合ったものを設置する必要があります。

産業用太陽光発電システムの場合でも、土地に合った設置をする必要があります。

高性能な太陽光発電システムを選んでも、設置に問題があれば本来の力を発揮できません。

 

また、故障した場合の保証が使えない事も起こる可能性があります。

というのも、メーカーには保証するために設置基準が設けられています。

その基準外の設置で壊れても、保証されないのです。

 

悪徳業者の場合は利益重視で基準を無視して、無茶な設置を進める場合があります。

基準外の設置で壊れてしまったら、自費で直したり買い替えたりする必要があるので、大きな出費になります。

そんな出費をしたらほぼ損をすると言ってもいいでしょう。

 

無駄な出費を抑えるためにも、優良な業者に依頼をすることは重要になっているのです。

優良な業者かどうかを見極めるには、複数の業者に見積もりを依頼することが大切です。

複数の業者に見積もりを依頼することによって、業者を比較しやすいので、業者の良し悪しが見えやすくなります。

複数の業者に見積もりを依頼するときに便利なのが、無料一括見積サイトです。

>>優良な業者が多い無料一括見積サイトで見積もりを依頼する

※見積もりは無料でやってもらうことができるので、とりあえず見積もりを依頼しておいてあとでじっくり検討する事をお勧めします。

 

こちらの一括見積サイトはタイナビと言うサイトでは優良な業者が多いことで有名ですね。

悪徳業者を排除するために、独自の審査を設けたり、クレームがあった業者を除外するなどの対策を取っています。

太陽光発電の見積もりを依頼するときに多くの人が使っています。

 

 

より確実に悪徳業者に引っ掛からないようにするために

できれば5社以上に見積もりを依頼して比較するのがいいですね。

2~3社でも問題ないとは思いますが、業者選びに失敗したくないのであればその手間を惜しまない方がいいですね。

先ほど紹介した無料一括見積サイト(タイナビ)を使った場合、地域によっては5社に満たない場合があります。

そこでタイナビに登録されていない業者を含んでいる無料一括見積サイトを紹介しておきます。

5社以上に見積もりを依頼することができなかった場合は利用してください。

価格.com

【価格.com】太陽光発電

グリーンエネルギーナビ

全国約400社から太陽光発電の優良設置会社をご紹介!太陽光一括見積り

 

 

このページの先頭へ