太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーのCO2排出量について

↓一括見積もりで信頼できる業者を選ぼう↓ タイナビ専用LP

Fotolia_54328488_Subscription_Monthly_XXL_R再生可能エネルギーの多くは発電時に二酸化炭素を排出しません。

なので、クリーンなエネルギーだと言われていますよね。

しかし、再生可能エネルギーで発電するシステムを作る際には二酸化炭素を排出します。

例えば、製造時、運送時になどにほかの機械を使うという形で二酸化炭素を排出しますよね。

その時の二酸化炭素排出量が多ければ、再生可能エネルギーは決してクリーンなエネルギーとは言えないはずです。

 

そこで発電時だけでなく、製造時や運送時など発電に関わるものすべてにおいてに排出する二酸化炭素を含めた排出量をライフサイクルCo2排出量といいます。

ライフサイクルCo2排出量が少なければ、少ないほど環境に優しいということですね。

各再生可能エネルギーのライフサイクルCo2排出量(2009年評価)はこちら

風力発電 25g-CO2/kWh
太陽光発電 38g-CO2/kWh
地熱発電 13g-CO2/kWh
水力発電 11g-CO2/kWh

ちなみに原子力や火力発電はこのようになっています。

LGN火力 474g-CO2/kWh
石油火力 738g-CO2/kWh
石炭火力 943g-CO2/kWh
原子力 20g-CO2/kWh

こう見ると再生可能エネルギーのCo2排出量が圧倒的に少ないことが分かりますね。

原子力発電もCO2排出量が少ないですが、万が一事故が起きた時の被害は尋常ではありませんからね。

そういったリスクを考えると、あまり好ましくない発電方法ではあります。

それで、再生可能エネルギーはクリーンなエネルギーということが分かったので可能な限り設置していくべきだと思います。

 

しかし、実際問題として風力発電、地熱発電、水力発電等は設置する場所が限られています。

  • 風力は安定的に風が吹くところかつ騒音の問題もあるので人が少ない場所
  • 地熱は火山近くでなければいけないがそういった場所は保護地域に設定されていて設置しにくい
  • 水力はダムを造らなければいけない

といったように場所にかなりの制限があるのです。

また、コストもかかるので設置できるとしても企業くらいで一般家庭にはあまり関係のないものでしょう。

 

それに対して、太陽光発電は設置場所を選びません。

家の屋根の上でもいいですし、空き地でも問題ありません。

となると、非常に広範囲で設置することが可能ということが分かりますよね。

 

また、費用も何千万円というお金がかかるわけでもなく、100万円あれば設置することもできます。

もちろん100万円というお金は決して安い金額ではありませんが、売電もできますし、長期的に見ればお金がかからないどころか、お金を生み出す機械になります。

なので、経済的な観点から見てもより多くの人が設置可能です。

こんな風に地理的経済的なことなどを含めて総合的に考えると、再生可能エネルギーの中では太陽光発電システムがベストです。

 

このような理由から太陽光発電が国によって推進されていたりするんですね、

もしも環境のことを考えるのであれば、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

安心して任せられる業者に見積もりの相談したくありませんか?

太陽光発電を導入することで、多くの利益を得ることができますが、非常に高い買い物ですよね?

そんなときに万が一悪徳業者に引っかかってしまったら…

単純に損をするだけでなく、大事な家を傷つけることにもなりかねません。

そこで太陽光発電を導入するならば、まずは信頼できる業者に見積もりの相談をするところから始めましょう。

そこでじっくりと業者と話し合い、導入を検討するのが、最も安全で失敗しない方法ですよ。

>>信頼できる業者を探すなら、この一括見積もりサイトがおすすめ

 

コメントを残す

このページの先頭へ