メーカーごとの保証の細かい違いもチェックするべし

↓一括見積もりで信頼できる業者を選ぼう↓ タイナビ専用LP

太陽光発電システムは10年、20年と運用する機械です。

さらに屋内で使うのではなく、屋根に設置しなければなりません。

屋根は雨風の影響をもろに受けますし、空から鳥の糞や空から何か降ってくるかもしれません。

 

屋根に露出した状態で使うので、意外と損傷をする可能性が高いのが太陽光発電システムなのです。

そのため耐久性の試験を重ねたり、防護体制もしっかりしています。

しかし

いくらしっかりしていても、事故や不具合というのは起こるものです。

早い段階で事故や故障が起こってしまうと、設置費用を回収することができなくなる恐れもあります。

そんな不安の中、太陽光発電システムを運用するのは誰でも嫌です。

となると、売り上げも減ってしまうのでメーカー側で様々な保証が付いているのです。

 

保証が付いていれば、万が一故障しても取り替えてもらったり、無料で修理をしてもらうことができます。

その保証も色々ありますし、条件も異なるので細かくチェックするようにしましょう。

保証の種類について

  • 太陽光電池モジュール出力保証
  • その他の機器の保証
  • 災害補償

太陽光電池モジュール出力保証

太陽光電池モジュールの性能は徐々に劣化していきます。

物は何でも古くなると性能が悪くなるので、当然のことと言えば当然のことです。

しかし、あまりに急激に劣化してしまうと設置費用が回収できないので、一定以上の出力は保証されているのです。

 

また、メーカーごとにどれくらいの劣化率に対して保証されているのか異なります。

なので、期間だけでなく公称最大出力に対して何%まで保証してくれるのかも合わせてチェックするようにしましょう。

その他の機器の保証

その他の機器は、昇圧器、接続箱、パワーコンディショナ、架台が対象となっている場合が多いです。

厳密には違うメーカーもありますので、それはメーカーの情報を参照してください。

 

この中で重要かつ壊れやすいのが「パワーコンディショナ」です。

パワーコンディショナは普通の電化製品と同じようなものなので、寿命が10年~15年です。

パワーコンディショナの保証期間は15年くらいあった方が良いですね。

多くのメーカーでは10年保証となっていることが多く、有償で期間を延長できる場合があります。

その場合は有償の保証にした方が結果的にはお得になることが多いので、そちらの方をお勧めします。

災害補償

災害補償は万が一災害が起きた時に一定金額の補償ができます。

災害は突然起こるものなので、不安な方は入っておいて損はありません。

 

しかし、災害補償がないメーカーもあります。

なので、災害に対して補償を希望する場合は災害補償があるメーカーを選ぶ必要があります。

 

また、災害補償といってもすべての災害に対して補償をしてくれるわけではありません。

台風・洪水・落雷・火事などが対象となっており、地震・津波・噴火・竜巻などは対象外となっていることが多いです。

物理的に対策することが可能なものが対象となっており、対策できないものに対しては対象外という感じですね。

 

主にこの3つの保証がポイントとなってきますので、メーカーを選ぶ際の一つの基準にしてください。

>>各太陽光発電メーカーの保証内容の比較

こちらにメーカーごとの保証の比較しているので参考にしてください。

安心して任せられる業者に見積もりの相談したくありませんか?

太陽光発電を導入することで、多くの利益を得ることができますが、非常に高い買い物ですよね?

そんなときに万が一悪徳業者に引っかかってしまったら…

単純に損をするだけでなく、大事な家を傷つけることにもなりかねません。

そこで太陽光発電を導入するならば、まずは信頼できる業者に見積もりの相談をするところから始めましょう。

そこでじっくりと業者と話し合い、導入を検討するのが、最も安全で失敗しない方法ですよ。

>>信頼できる業者を探すなら、この一括見積もりサイトがおすすめ

 

コメントを残す

このページの先頭へ