太陽光発電のメーカーの選定ポイントについて

↓一括見積もりで信頼できる業者を選ぼう↓ タイナビ専用LP

太陽光発電システムのメーカ-を選ぶ際には

  • 発電量(容量)
  • 費用
  • 保証

などがポイントとなってくるでしょう。

発電量が多くなれば増えた分だけ売電をすることができるので、収入が多くなります

国による固定価格買取制度があるので、その間は安定的に高い値段で買い取ってもえらえますね。

 

ただ発電量が多いなど性能の高い太陽光発電システムは設置費用が高くなります。

初期費用を用意できるようであれば、少しでも大きい発電量のメーカーの製品を選ぶことをおすすめします。

しかし、用意できないようであれば無理をしない方がいいです。

しっかりと値段と収益の兼ね合いを見た上で決めるようにしましょう。

ちなみに、業者にシュミレーションをしてもらえれば、大体何年で元が取れるか知ることができます。

業者に見積もりを依頼すれば、そういった事も分かるのでとりあえず見積もりを依頼してみるという事も重要です。

>>とりあえず優良な業者に見積もりを依頼してみる

 

また保証は各メーカーごとに細かく分かれていることが多いです。

  • 何年保証なのか
  • どの機器が保証対象なのか
  • 災害の補償はあるのか

が異なっています。

>>太陽光発電メーカーの保証の比較

 

また、「海外メーカーの方が安い」なんて言われていますが、もうそんな時代は終わって、性能が同じ条件であるならば、それほど値段は変わりませんよ。

結局どのメーカーが良いの?

具体的にどのメーカーが良いとは言えません。

それぞれのメーカーに特徴があるので、あなたの希望や設置条件によって、どこが良いのかは変わってきます。

 

ただ一つ言えることは、海外メーカーよりも国内メーカーを選んだ方が良いという事です。

というのも、

海外メーカーで急成長してより多くのシェアを獲得しているところがあります。

シェアが多いという事は良いことなのでは?と思いがちですが、割と無茶な事をやっている場合もあり、一概には良いとは言えないのです。

 

例えば、25年保証を付けているメーカーもありますが、それほど長い保証を付けたら後々苦しくなることは明白です

実際に、Qセルズ(ドイツ)やサンテックパワー(中国)といった大手の太陽光電池メーカーでさえ倒産しています。

今のところ、これらのサポートは続いているみたいですが、5年後10年後どうなっているかは不明です。

日本法人がなくなれば、サポートは英語などの外国語になるので非常にわずらわしいものになるでしょう。

下手したらまともにサポートが受けられないかもしれませんね。

 

それに国の政策で太陽光発電システム導入促進をしており、税金が使われています。

再生可能エネルギー賦課金として、電気料金に上乗せされてもいますよね。

国民のお金が使われるわけですから、そのお金は海外メーカーに流れるよりも国内メーカーに流れた方が良いと思いませんか?

 

もちろんどのメーカーの太陽光発電システムを設置するかはあなたの自由ですが、個人的には国内メーカーがおすすめです。

太陽光発電は10年、20年と長期的に運用していくものです。

だからこそ、問題が発生したとしてもしっかりと対応してくれるメーカーを選びましょう。

安心して任せられる業者に見積もりの相談したくありませんか?

太陽光発電を導入することで、多くの利益を得ることができますが、非常に高い買い物ですよね?

そんなときに万が一悪徳業者に引っかかってしまったら…

単純に損をするだけでなく、大事な家を傷つけることにもなりかねません。

そこで太陽光発電を導入するならば、まずは信頼できる業者に見積もりの相談をするところから始めましょう。

そこでじっくりと業者と話し合い、導入を検討するのが、最も安全で失敗しない方法ですよ。

>>信頼できる業者を探すなら、この一括見積もりサイトがおすすめ

 

コメントを残す

このページの先頭へ