ソーラーフロンティアの太陽光発電の特徴と評判・評価について

↓一括見積もりで信頼できる業者を選ぼう↓ タイナビ専用LP

0-01

  • 太陽光電池モジュールについて
  • 保証について
  • 評価と評判について(まとめ)

ソーラーフロンティアの太陽光発電システムのこれらの特徴を紹介していきます。

太陽光電池モジュール

一般的に太陽光発電電池の発電量は、理論値です。

「ベストな環境だったら、これくらい発電しますよ」というのが理論値で、実際に発電する電力量は異なります。

実発電量は日射量、温度、影によって発電量は大きく異なります。

なので、理論通りに発電することはまずないと言っていいでしょう。

というよりも、確実に下回ります。

 

その結果として、「思ったよりも発電していない」という不満になりがちです。

そんな不満を抱きたくない場合、ポイントとなってくるのが実発電量です。

理論値と実発電量の差を小さくするためには、温度と影の影響を少なくする必要があります。

熱と影に対して強いのがソーラーフロンティアのCIS太陽光電池なのです。

 

従来の太陽光電池では、真夏の晴天時などの暑い日には理論値よりも20%程度出力が低下します。

それに対して

熱に強いCIS太陽光電池ならば、真夏の晴天時の出力低下率は15%程度となっています。

たったの5%と思うかもしれませんが、長期的に運用していくと大きな発電量の差となるでしょう。

 

また、多くの人は「影があると影の部分だけ発電しなくなる」と思っているのですが実はそれ以外の部分でも発電しなくなるのです。

というのも、

発電しない部分は発電をしないだけでなく抵抗となって発電の邪魔をする存在に変わってしまうのです。

発電の邪魔を防ぐ仕組みもありますが、その仕組みを使うと影の部分に直列でつながっている部分で発電されたものもカットしなければいけません。

分かりやすく説明すると影の部分よりも広い範囲で発電しなくなるという事です。

それに対して、

CIS太陽光電池は並列でつながっているので一部が影になってもその影響範囲を小さくすることができるのです。

 

ただCIS太陽光電池はまだ新しい電池で研究が進んでいないためなのか面積当たりの発電量は少なめです。

他のメーカーと同じ発電容量を確保するとなるとその分、スペースが必要となってきます。

太陽光発電システムを設置するスペースが限られているという場合には、あまり向いていないメーカーとなっています。

少ない発電量でいいというのであれば、ソーラーフロンティアの実発電量は高いので非常におすすめです。

保証について

モジュール出力が20年保証となっています。

パワーコンディショナ、接続箱などの周辺機器は10年保証ですね。

 

条件としてアフターメンテナンスを設置から1年後、それ以降は4年に1回点検を受けることが条件となっていますね。

アフターメンテナンスをすることで、早期に問題を発見しやすいですし、快適にシステムを利用することができるので、やっておいた方がいいですね

評価と評判について(まとめ)

ソーラーフロンティアのCIS太陽光電池は実発電量は高めになる傾向があります。

なので、設置した容量で高いパフォーマンスを期待することができます。

また、発電量が少ないため大容量の発電を希望する場合には広いスペースが必要となっています。

屋根が広い家を持っている方や広い土地を持っている場合にはおすすめのメーカーです。

 

安心して任せられる業者に見積もりの相談したくありませんか?

太陽光発電を導入することで、多くの利益を得ることができますが、非常に高い買い物ですよね?

そんなときに万が一悪徳業者に引っかかってしまったら…

単純に損をするだけでなく、大事な家を傷つけることにもなりかねません。

そこで太陽光発電を導入するならば、まずは信頼できる業者に見積もりの相談をするところから始めましょう。

そこでじっくりと業者と話し合い、導入を検討するのが、最も安全で失敗しない方法ですよ。

>>信頼できる業者を探すなら、この一括見積もりサイトがおすすめ

 

コメントを残す

このページの先頭へ