京セラの太陽光発電の評判・評価について

↓一括見積もりで信頼できる業者を選ぼう↓ タイナビ専用LP

0-01京セラは初めて住宅用の太陽光発電システムを発売しました。

また特徴としては、長期的に運用することができる太陽光発電システムであるという事です。

世界初の長期連続試験の認定を受けました。

 

この試験は本社がドイツにある第三者機関であるテュフ・ラインランドが太陽光電池の性能品質テストとして行っています。

試験内容は1枚のモジュールに対して、

  • 高温高湿耐性試験
  • 湿度サイクル試験
  • 結露凍結試験
  • バイパスダイオード試験

の4項目がチェックされます。

この時、条件は国際基準よりもさらに厳しい条件となっております。

そんな厳しい条件下でも京セラの太陽光発電は大きな問題が発生しなかったというわけです。

 

この試験の他に、耐PID試験でも出力低下は見られませんでした。

通称であれば太陽光電池モジュールに高電圧がかかるとPID(電圧誘起出力低下)が起こり、システムの出力を下がる場合があります。

PIDは大きな問題点で各メーカーが頭を悩ませていたのですが、京セラの太陽光電池モジュールは難なく試験をクリアしたという感じです。

この試験も世界で初めて認定を受けましたね。

 

様々な条件下のテストに合格したわけですから、安心して太陽光発電システムを使うことができるでしょう。

 

実際に京セラが1984年に設立した佐倉ソーラーエネルギーセンターは今も稼働し続けています。

さらに、25年経過の時点で出力低下はたったの9.62%だけです。

試験よりも以前から高い技術力で作っていたからこそ、世界初の認定を数多く受けることができたのでしょう。

京セラソーラー施工士制度で確かな施工品質

京セラの長期信頼性へのこだわりは、太陽光発電システムだけではありません。

施工にもこだわっています。

 

通常メーカーというのは太陽光発電システムを提供するまでで、施工には関わりません。

しかし

どれだけ太陽光発電システムの質が高くても、しっかりと設置されなければ故障の原因に繋がったり、雨漏りなどの問題に繋がります。

そうなってしまっては、「太陽光発電システムなんて導入しなければよかった」となってしまいます。

 

京セラではそんなことを防ぐために、京セラソーラー施工士制度を導入しました。

この制度によって施工研修が行われるようになり、しっかりとした施工技術者が太陽光発電システムの設置をしてくれるようになりました。

他のメーカーではこういった取り組みが少ない中、こういった制度を導入してくれているので、消費者側としても安心して任せることができますよね。

まとめ

太陽光発電システムを長期的に使えるように品質を高めているのが京セラといえるでしょう。

太陽光発電システムは1年や2年使って終わりというものではなく10年、20年と使うものなので品質は非常に重要となってきます。

いくら保証が付いていても、すぐに故障するものなんて使いたくありませんよね。

それよりも、故障することなく快適に運用できるものの方が良いです。

壊れにくくて高品質の太陽光発電システムを希望しているのであれば、京セラがおすすめですね。

安心して任せられる業者に見積もりの相談したくありませんか?

太陽光発電を導入することで、多くの利益を得ることができますが、非常に高い買い物ですよね?

そんなときに万が一悪徳業者に引っかかってしまったら…

単純に損をするだけでなく、大事な家を傷つけることにもなりかねません。

そこで太陽光発電を導入するならば、まずは信頼できる業者に見積もりの相談をするところから始めましょう。

そこでじっくりと業者と話し合い、導入を検討するのが、最も安全で失敗しない方法ですよ。

>>信頼できる業者を探すなら、この一括見積もりサイトがおすすめ

 

コメントを残す

このページの先頭へ