太陽光電池モジュールについて

↓一括見積もりで信頼できる業者を選ぼう↓ タイナビ専用LP

太陽光電池モジュールは太陽光発電システムの中で最も重要な機器です。

ここで発電をしますからね。

太陽光”電池”モジュールという名前ですが、発電能力のみで蓄電能力はないので気を付けてくださいね。

もしも屋根で発電をしてその電気をためておきたいならば、蓄電池を別に購入する必要があります。

太陽光電池モジュールの選び方について

太陽光電池モジュールを選ぶ上で一番重要なのは「発電能力」です。

 

というのは言うまでもなく、分かると思います。

発電能力が高ければ、より多くの電気を作ることができ、その分売電できますからね。

できる限り発電能力が高い太陽光電池モジュールを選ぶのが良いでしょう。

しかし

それだけでは必ず満足できる結果を得られるとは限りません。

太陽光発電システムは決して安い買い物ではないですし、長期的に運用していくものなので他のポイントも見た方がより満足度が高くなります。

以下のポイントの中で気になるものは購入時に気を付けましょう。

  • 外観
  • 耐久力
  • 屋根・家への負担

外観

太陽光発電を設置したことであなたの家の外観を損ねる可能性もあります。

それに屋根の形を無視して設置されているよりも、屋根の形に合わせて設置されている方が見た目はいいですね。

メーカーによっては屋根の形に合わせて設置することもできます。

家の外観を気にする場合には、屋根の形に合わせることができるのかをポイントにしましょう。

耐久力

太陽光発電モジュールが途中で壊れてしまっては、売電でお金を得るなんてこともできなくなります。

壊れるまでの期間が長ければ長いほど、その分生涯発電量が増えます。

壊れるまでという非常に長い目線で見るなら、耐久力が高いモジュールを選択したほうが良いですね。

屋根・家への負担

割と軽視されがちなのが屋根・家への負担です。

太陽光発電システムを屋根に乗せるとなるとそれなりに負荷がかかります。

家の状態によっては補強工事が必要な場合もありますよね。

その補強工事がなぜおこなわれるのかと言いますと、家が潰れる可能性があるという場合もあるかもしれませんが耐震性が下がるために行われるケースもあります。

というのも、

屋根に重いものを載せると家の重心が高くなり、地震の影響を受けやすくなるのです。

※ 太陽光発電を付けたからと言って大幅に耐震性能が下がるというわけではありません。

付けていない状態と比べると耐震性能が下がるという話です。

業者が家の状態を見た上で設置をするので、そこまで大きな問題にはなりません。

 

できる限り家の耐震性を下げたくないという場合には、

  • 発電性能の高い太陽光電池モジュールを少し設置する
  • 軽い太陽光電池モジュールを設置する

などの方法があります。

発電効率の低いものを選ぶとなると、設置面積が増え重量も重くなりますからね。

それは避けましょう。

 

メーカーごとの特徴をまとめた記事を用意してあるので気になる方はチェックしてください。

>>各メーカーのモジュールの特徴と保証の比較

 

安心して任せられる業者に見積もりの相談したくありませんか?

太陽光発電を導入することで、多くの利益を得ることができますが、非常に高い買い物ですよね?

そんなときに万が一悪徳業者に引っかかってしまったら…

単純に損をするだけでなく、大事な家を傷つけることにもなりかねません。

そこで太陽光発電を導入するならば、まずは信頼できる業者に見積もりの相談をするところから始めましょう。

そこでじっくりと業者と話し合い、導入を検討するのが、最も安全で失敗しない方法ですよ。

>>信頼できる業者を探すなら、この一括見積もりサイトがおすすめ

 

コメントを残す

このページの先頭へ