太陽光発電システムの訪問販売にはクーリングオフ制度はある?

↓一括見積もりで信頼できる業者を選ぼう↓ タイナビ専用LP

Fotolia_42973164_Subscription_Monthly_XXL_R訪問販売で強引に契約を迫られたり、長居されて根負けしてしまったという人は少なからずいます。

そういった人を救うために、クーリングオフ制度があるのです。

もちろん太陽光発電システムもその制度の対象となっています。

なので、契約してから8日以内であれば無条件で契約を解除することができます。

 

ただし、これはあくまで訪問販売の場合に適応されます。

販売店に見積もりの依頼をしたり、出向いたりして契約をした場合にはクーリングオフ制度は適応されません。

というのも、クーリングオフ制度は、半ば強引に契約を迫られて契約をしてしまった人を救済する制度で、自ら望んで契約をした人は対象ではないからです。

訪問販売の場合は、向こうが歩み寄ってきて、こちらが拒否しようとしても、向こうが居座ったら話を続けなければいけません。

それで冷静に考えると損をするような契約を結んでしまう場合があります。

 

それに対して、こちらが希望して契約をする場合は、あくまでこちらから歩み寄って契約をしていますよね?

それで後になって契約を解除したいというのは、ちょっと都合が良すぎです。

太陽光発電システムは非常に高価な買い物となるので、安易に契約しない方がいいです。

十分に納得したうえで、契約するようにしましょう。

※8日を超えているとクーリングオフが使えないので、注意してください。

 

この場合でも他の法律で契約を解除することができるかもしれませんので、一度国民生活センターに問い合わせしてみるといいでしょう。

 

クーリングオフを使わなければいけないような悪徳業者がいることは非常に残念なことです。

しかし、

太陽光発電システムそのものに罪はありませんし、業界そのものにも罪はありません。

悪徳業者のことは嫌いになってもいいので、太陽光発電システムのことは嫌いにならないでください!

 

訪問販売自体を嫌っている人もいますが、太陽光発電システムは訪問販売に向いている商品なのです。

というのも、

太陽光発電システムはその家を実際見ることで最適なものを提供するようになっているからです。

つまり、オーダーメイドでその家にあったものを提供するということです。

 

なので、実際に足を運び太陽光発電システムに向いている家を探して、契約をするというのがいいというわけですね。

そういった事情から訪問販売をしている業者にも優良な業者は存在します

クーリングオフ制度を使うにしても、とりあえず頭を冷やして、候補の一つに留めるという選択がいいですね。

 

そのあとにほかの業者にも見積もりを出して、比較して決めるというのがいいと思います。

太陽光発電システムはきちんとした業者に頼めば、採算の取れるものですし、環境にも非常に良いです。

なので、少しでも太陽光発電システムを設置してもいいと思っているのであれば、クーリングオフした後で再び導入を検討してみてはどうでしょうか。

 

安心して任せられる業者に見積もりの相談したくありませんか?

太陽光発電を導入することで、多くの利益を得ることができますが、非常に高い買い物ですよね?

そんなときに万が一悪徳業者に引っかかってしまったら…

単純に損をするだけでなく、大事な家を傷つけることにもなりかねません。

そこで太陽光発電を導入するならば、まずは信頼できる業者に見積もりの相談をするところから始めましょう。

そこでじっくりと業者と話し合い、導入を検討するのが、最も安全で失敗しない方法ですよ。

>>信頼できる業者を探すなら、この一括見積もりサイトがおすすめ

 

コメントを残す

このページの先頭へ