「2014年3月」の記事一覧

太陽光発電システムの購入タイミングはいつがベスト?

太陽光発電システムを購入するタイミングは、様々な要因が絡まっているのでいつがベストかはわかりません。 国の政策 性能の上昇 価格の下落 などの要素が関わってくるからですね。 国の政策の政策である補助金や固定価格買い取り制・・・

太陽光発電システムの設置に向いている方角や角度とは?

太陽光発電システムを設置する際には、方角に気を付ける必要があります。 斜めから光が当たるよりも、まっすく光が当たった方が発電量が多くなりますからね。 基本的には屋根の南側に付けるのがいいでしょう。   どうして・・・

時期による発電量の違い。多くなる時期、少なくなる時期とは?

太陽光発電システムは、時期によって発電量が異なります。 いつの時期が多くていつの時期が少ないのかを把握しておかないと、実際に設置した時に「前の月に比べて発電量が少ない!」となり、余計な心配をすることになります。 できれば・・・

発電量と日射量の関係性について

日射量は太陽からもらえるエネルギーのことを指します。 日射量にはいくつか種類があり、それがこれです。 全天日射量:空全体からの日射量 散乱日射量:太陽の光球以外の空からの日射量 直達日射量:太陽の光球からの日射量 これら・・・

実際の発電量は定格出力値よりも少ないのが当たり前

太陽光発電システムを選ぶ際に判断基準の一つとなる太陽光電池モジュールの定格出力 これが設置した場合に発電する量だと思うかもしれませんが、実は違います。 定格出力というのはJIS規格によって定められた条件下での発電量です。・・・

メーカーの施工基準を守らないと保証してもらえません

太陽光発電システムは10年以上継続して設置するものなので、安全に設置する必要があります。 そのため施工基準がいくつかあります。 その基準を満たしていない場合にはメーカー保証が無効になるので気を付けるようにしてください。 ・・・

利益が大きいのは生涯発電量が多い耐久力が高いメーカー

太陽光発電システムが壊れるまでの最終的な発電量を生涯発電量といいます。 生涯発電量が多ければ、最終的な利益は大きくなります。 保証が長ければ、生涯発電量が多くなると思うかもしれませんが、そうとも一概には言えません。 とい・・・

太陽光発電システムの費用を早く回収したいなら実発電量に注目!

「太陽光発電システムは投資だ!」と考えている場合は、1日でも早く費用の回収をしたいところですよね? では、そんな時どの数字を参考にすればよいのか? 業者に見積もりをしてもらう時にシュミレーションをしてもらえば、ある程度の・・・

メーカーごとの保証の細かい違いもチェックするべし

太陽光発電システムは10年、20年と運用する機械です。 さらに屋内で使うのではなく、屋根に設置しなければなりません。 屋根は雨風の影響をもろに受けますし、空から鳥の糞や空から何か降ってくるかもしれません。   ・・・

産業用はブランドよりも性能を重視してメーカーを選ぶべし

産業用太陽光発電システムを導入する方の多くは少しでも多くの利益を上げることを目的としていると思います。 固定価格買取制度があれば、20年間(10kW以上の場合)一定の価格で発電した電力を買い取ってくれるのでどれくらい利益・・・

このページの先頭へ